ENTRY

Voice

対等で互いに尊重できる
だからこそ成長が生まれる環境があります

パラリーガル
名川 恵Megumi Nagawa

01:入所の経緯

オーセンスに入る前は、どのような仕事をされていたのですか?
人材業界の会社で人事総務の仕事をしていました。総務の仕事をしながら、コンプライアンス室の仕事にも携わっていましたね。

どんな経緯でオーセンスに入ることを決めたのですか?
前職で、私を育ててくれた方がコンプライアンス室長でした。その方に大変お世話になったので、繋がる仕事をしたいと思い、法律事務所を探していてオーセンスと出会いました。

02:オーセンスの印象

実際の業務内容や、名川さんから見たオーセンスの印象はどうですか?
現在は、東京支店のプレイングマネージャーとして、案件処理を行いながら事務の方々が成長できるようにサポート・マネージメントしています。
オーセンスの印象は、入所前の面接の段階から感じていたことですが、弁護士って知的で固いイメージを勝手に持っていたので、オーセンスの弁護士の方々は、フレンドリーで人間味あふれる方が多いことに驚きました。“先生”と呼び合わないところも、堅苦しさがなく、働く所員皆が対等な関係でいられる環境が整っているように思います。

オーセンスの好きなところは何ですか?
支店では特に弁護士との距離が近く、コミュニケーションが取りやすいこともあって、弁護士とパラリーガルが協力して成り立っていると実感できるところですかね。上下関係なく、お互いを尊重し合っています。
あと、仕事後には飲みに行ったり皆仲が良いところですね。日頃は知的で真面目な弁護士の方々も、お酒が入ると「なんだ、普通の人じゃん(笑)」と感じる瞬間もあったり、そんな親しみやすい方が多いのもオーセンスの魅力のひとつです。

03:パラリーガルの仕事

パラリーガルのマネージャーとして何か心掛けていることはありますか?
一人ひとり得意分野が違うことと、もちろん気持ちの捉え方も人それぞれなので、接し方や伝え方もその人それぞれに合わせるように心掛けています。個々の個性を活かして活躍できるような環境を作っていきたいと思っています。
何かの縁で一緒に働いているので、社会人としてお互いが成長し合える場所になれば良いなと思いますね。

名川さんは、今は支店にいらっしゃいますが、本社で働いていたこともあるんですね?
はい、そうですね。入所当初は、六本木本社で建物明渡しチームにいました。その後、企業法務チームへ移り、六本木本社には約2年いましたね。それから横浜支店で1年、現在東京支店に勤めて1年くらいになります。

経験豊富ですね!本社も支店も経験されているパラリーガルの方って、少ないのではないでしょうか?
確かに、支店を2店舗経験しているパラリーガルの方はあまりいらっしゃらないかもしれません。その内1店舗は立ち上げから携わることができ、貴重な経験ができたと思っています。

本社と支店と両方働いてみて、何か違いなどはありますか?
どちらも弁護士とパラリーガルがチームで団結して仕事をしていることに変わりありませんが、パラリーガルとしては、本社と支店で身につくスキルに少し違いはあるかと思います。 例えば支店ですと、限られた人数で様々な案件の処理を行わなくてはならないので、幅広い知識と処理能力を養うことができますし、一方で本社の分野チームで働いていると、一つの分野について深く専門的に知識をつけることができますね。

そうなんですね。パラリーガル同士で店舗が離れていてもやり取りを行うことってあるのでしょうか?
はい、ありますね。例えば支店で受けた案件で、私たちだけでは情報が足りず困った際には、六本木本社には分野リーダーの方がいるので、その方にうかがったり相談することがあります。

なるほど。店舗が離れていても、連携し合い自然と情報共有ができていることで、お互い高め合える関係性が築けているんですね。

04:成長ストーリー

最後に、名川さんの今後の成長ストーリーを教えてください。
支店2店舗を経験して思うこととして、本社のパラリーガルとは違った能力が求められる支店パラリーガルが、もっと活躍できる環境になるよう今後もサポートしていきたいと思っています。

Back to the list