ENTRY

Voice

オーセンスは、活気があふれ、若く、
フレッシュな法律事務所です。

弁護士 神奈川県弁護士会
堅田 勇気Yuki Katata
弁護士 Voice 堅田 勇気

01:弁護士になった理由・入所の決め手

弁護士を目指したきっかけは何ですか?
私が小中学生の頃、漫画で起きた色んな事件がそれぞれどのような犯罪が成立するのかについて解説された本があり、たまたまその本を読んで、子供ながらに面白いと思いました。そこから法律に興味を持つようになり、大学も法学部に進学しました。その後、大学生のときに、周りが就職活動に切り替えていく中で、「自分にはあまり就職活動は向かないな」と感じ、前から興味を持っていた法律を使う仕事をしてみたいと考え、ロースクールに進学して弁護士を目指すことを決めました。

数ある事務所の中からオーセンスを選んだ理由は何ですか?
私は、大企業に係わる企業法務や国際的に大活躍している弁護士などのように、一般的にかっこいいと思われていることにあまり興味がなく、離婚・相続といった家事事件や、家庭内のドロドロした紛争案件を担当してみたいと思っていました。
オーセンスは、離婚・相続といった一般家事事件に力を入れていて、多くの家事事件を取り扱うことができると思い、入所しました。また、元榮さんをはじめとする皆さんの明るさ、前向きさ、社会貢献意欲の高さに惹かれたということも大きな理由の一つです。

02:入所当時について

入所当初の様子や働き方を教えてください。
入所当初(最初の1年間)は、主に建物明渡事件を担当していました。
最初は、一人の新人弁護士に先輩弁護士が一人がつき、書面の書き方、クライアント対応、相手方対応、裁判所とのやりとり、期日でのふるまいなどを一つ一つ丁寧に指導していただき、安心してそれぞれの案件を担当することができました。建物明渡事件は、”保全・訴訟・執行”という民事裁判の一連の流れを習得するには最適な案件で、とてもいい勉強になりました。また、当時からオーセンスで担当している建物明渡事件の件数は、数えきれないくらいに非常に多く、これを1年間にわたり経験できたことで、多数の案件を同時並行的に処理する能力も身に着けることができたと思っています。

そして、当初から建物明渡事件だけではなく、離婚・相続などの一般家事事件も多数担当することができました。
こちらも最初は、先輩弁護士と一緒に受任面談に入り、その後の案件処理も先輩弁護士から指導を受けながら、進めて行くことができました。入所して半年経った頃から、WEBからお問合せいただいたお客様の法律相談に一人で入り、そこで受任した案件については、一人で処理をしていくということを経験させてもらいました。もちろん、一人で担当している案件についても、常に先輩弁護士に相談できる環境にあったため、一人で抱え込まずに、先輩弁護士の助言を得ながら進めていくことができました。

入所当初のイメージと実際に働いてみてギャップはありますか?
入所する前は、「少し体育会系色が強いのかな」と勝手に思っていましたが、そういうわけでもなく、本当にいろいろな方がいて、「皆さんの個性やそれぞれの考えが尊重されている事務所だな」と今では思っています。お互いの価値観や考え方を否定せずに、相互に理解・尊重し合い、常に前向きに、ワンチームで仕事に取り組むことができる事務所だなと感じています。
また、入所前は知りませんでしたが、パラリーガルや経理、人事、総務などのコーポレート部は、ほとんどの方が中途採用の方なので、様々な業界から、多種多様なバックグラウンドを持つ方々が集まってきています。飲み会などでいろいろなバックグラウンドをお持ちの方と交流できたことは、学生期間を過ぎた後すぐに法曹界に入った私にとっては、非常に新鮮で大変勉強になります。

03:普段の仕事・横浜支店について

堅田さんが担当している分野や行っている普段の業務について教えてください。
また、入所当時から成長したと感じることはありますか。

入所当初の1年間は六本木オフィスにいましたが、今は横浜支店に在籍しています。横浜支店では、主に離婚・相続などの一般家事事件を担当しています。日々、新しい法律相談を受けたり、既存の案件の裁判期日に出頭したり、クライアントと打ち合わせをしたり、多忙ながら、充実した日々を過ごしています。
入所当初は、やはり不安が多かったため、常に先輩弁護士に相談しながら案件を進めることが多く、時間を要していました。しかし今は、ある程度のところまでは一人で責任をもって判断し、案件を進めていくことを意識できるようになったと思っています。

横浜支店の特徴、メンバーの様子、魅力は教えてください。また何かエピソードはありますか。
横浜支店は、現在弁護士5名、パラリーガル2名、パート2名で構成されています。支店長をはじめとして皆さん明るく元気な方が多く、とても楽しく仕事ができています。月1回の支店ミーティングでは、みんなでレストランに出かけたり、ピザやお寿司などのデリバリーを取ったりしながら、楽しくランチ会をしています(笑)。
また、支店は規模が小さいため、お互いにほどよく雑談して盛り上がることができるなど、日々の業務を遂行するうえでのコミュニケーションが取れて、とてもいい環境です。私は、支店の中では最も若いため、弁護士業務のみならず、日々人生の先輩から、人生を歩んでいく上でのアドバイスもたくさんいただいています。

一番やりがいを感じるときはどのようなときですか?
また、印象に残っている案件やエピソードはありましたか?

私が受任したばかりのとき、当事者同士でどうにもならないと思われるほどの紛争状態だった案件がありました。その案件での相手方代理人や相手方本人と妥協点を探りながら、何とか最後には円満に調停や和解を成立させることができたときには、本当に安堵しました。ご依頼者様にご満足していただけたり、調停委員や裁判官から「代理人の協力があったからこそ解決できたと思う」と言われたりすると、この仕事のやりがいを感じますね。
また、担当している案件が無事解決したときに、ご依頼者様からお礼の言葉を言われたときには、やはりやりがいを感じます。ご依頼者様によっては、お菓子やお手紙を送ってくださる方もいらっしゃり、私もとても救われています。

04:今後の成長ストーリー

今後の成長ストーリーを教えてください。
今後も法律事務所オーセンスが、元榮さんがいうところの「日本を代表する総合法律事務所」になるよう、私も一所員として、他の所員の皆さんと切磋琢磨しながら、頑張っていきたいと思っています!。これまでは自分の案件で精いっぱいになることも多かったのですが、今後はオーセンスのさらなる発展のため、オーセンス全体を見渡しながら、主体的かつ意欲的に、オーセンスに貢献していきたいと思っています。

05:応募者へのメッセージ

堅田さんのように「オーセンスに入りたい!」と考えている修習生など新卒で応募される方へ
メッセージがあれば、是非いただけますか。

オーセンスは、活気があふれ、若く、フレッシュな法律事務所です。日々、楽しく、前向きに仕事に取り組みたい人にはもってこいの法律事務所だと思います。また、それぞれの考えや個性を否定せず、相互に理解・尊重しあう風土があります。多種多様な案件があり、様々なバックグラウンドをもった所員も多数揃っていて、弁護士・社会人としても成長できる環境です。是非、一緒に楽しく明るく前向きに仕事をしましょう!。

▶弁護士 堅田 勇気 の紹介ページ はこちら

Back to the list