ENTRY

Voice

自分の意志さえあれば
どんなことにもチャレンジできる環境があります

弁護士 東京弁護士会所属
唐木 大輔Daisuke Karaki

01:入所の決め手

数ある事務所の中からオーセンスを選んだ理由は何ですか?
転職エージェントからオーセンスを紹介され、代表の元榮と話をしているうちに、この人と一緒に大きな事務所にできたらいいなと感じました。
堅苦しい面談はなく「どうしたい?」「どうなりたい?」と質問され、趣味がサーフィンなので「サーフィンに関わる仕事をしたい」と答えたところ、「いいね、やろうよ!」と賛同してくれて、なんてフランクな人なんだろうと驚きました。
また、オーセンスよりも大きい事務所はたくさんありますが「それらにも負けない事務所なんだ。これからはどんどん追い抜いて、日本一の事務所にするんだ」と言った元榮の言葉にすごい説得力があり、一緒に事務所を大きくしていきたいという思いで入所を決断しました。
小規模法律事務所の中で、大規模法律事務所と競争し、肩を並べていこうというところは実は多くありません。しかし、私も、元榮も「大手を追い抜いていこう」という考え方が一致しましたね。

他の事務所とは違う、オーセンスで働く魅力は何ですか?
以前いた事務所は、昔からお付き合いのある方やご紹介の方のみ相談を受け付けて、一見さんはお断りでした。その点、オーセンスはインターネットも活用しながらご相談者様を幅広く募って、業界の常識にとらわれず新しいことへとチャレンジをしている事務所なので魅力に感じています。自分自身も挑戦したいと思いました。

02:業務内容

唐木さんは、普段どのような案件を担当されているんですか?
私は企業法務チームに在籍しています。
一般企業法務と呼ばれ、企業内での法務的な問題の処理、新規事業のリーガルチェックや取引上発生する契約書のチェック、紛争対応などを行っていて、もしトラブルになった場合には訴訟もあります。1チーム、6、7人で構成されていて、顧問契約をいただいている企業様は100社を超えています。
また、私自身は企業法務に限らず個人のお客様の事案も担当しています。基本的にチームの1~2名の弁護士が面談にてご相談をうかがい、その後、チームで案件を共有して知恵を出し合い、より良い解決を目指します。

03:仕事のやりがい

一番やりがいを感じる時はどんな時ですか?
企業法務を担当している弁護士の多くはそうだと思いますが、やはり顧問先の企業様から感謝されるときが、一番働きがいを感じる瞬間です。また、個人のお客様から感謝されたときも同様に働きがいを感じますね。
以前の事務所の場合、お客様はすべてご紹介でしたので、担当弁護士や法律事務所に対しての評価は優しかったかもしれません。
それに対して幅広くご相談者様を募っているオーセンスの場合は、お客様の見る目が非常にシビアだと感じています。それだけに、ご依頼者様から、「すごく助かりました」と言われると、ものすごく嬉しいですね。

04:オーセンスの魅力

オーセンスの魅力について教えてください。
事務所としてはまだまだ若いので、そのぶん、自分たちで新しいものを作り上げていく許容性があります。新卒の方だけでなく、中途入社の方の場合であっても、自分のやりたいことがある、いろいろな分野を開拓していきたいという人には、自分の力を発揮しやすい環境だと思います。
自分の意志さえあれば、どんなことにもチャレンジできるところですね!

05:成長ストーリー

唐木さんの今後の成長ストーリーを教えてください。
オーセンスでは、企業法務チームの一員として外部企業に出向した経験があります。自分のキャリアの中でも、ひとつの会社に常駐したということが初めての経験でした。いうなれば企業の法務部の一員としての役割を担うわけです。そのため普通の法律事務所の仕事よりも、かなり企業の内部に入っています。常駐している企業で働いている方たちと一緒の船に乗るというか、一緒に運営していくといった経験をさせていただいたわけです。
今後の目標としては、この経験を活かして、今まで以上に法律事務所としていろいろな企業様とお付き合いさせていただいて、いち従業員のような役割を果たしていきたいと思っています。
近年は弁護士の数が増えたことにより、インハウスロイヤーという関わり方も多くなりました。ですが、私が目指しているのは、いろいろな企業様とお付き合いをすることで幅広いナレッジを持った、法務部の外注みたいな法律事務所の存在なのです。常に外部からの視点もあり、また、内部からの視点も持てる立場として依頼者様に価値を提供できる存在でありたいと思っています。

▶弁護士 唐木 大輔 の紹介ページ はこちら

Back to the list