ENTRY

Voice

チーム制が一体感を生む
成長サイクルを支援する環境があるのも魅力の一つです

パラリーガル
絵馬 祐美子Yumiko Ema

01:入所の経緯

オーセンスに入る前は、どのような仕事をされていたのですか?
不動産関連の会社で働いていました。そこでは営業職を経験し、その後事務の仕事をしていました。

どんな経緯でオーセンスに入ることを決めたのですか?
オーセンスを知ったのは、以前お世話になった上司に声を掛けていただいたことがきっかけなのですが、もともと法律に興味があったこともあり、パラリーガルの未経験採用をしていたためチャレンジしようと思いました。

02:オーセンスの印象

これまでの業務内容やオーセンスの印象はどうですか?
入所当初は、建物明渡しの案件を取り扱っていましたが、その後、一般民事の案件に携わり今に至ります。
オーセンスの印象は、風通しが良いですね。弁護士でもパラリーガルでも、立場関係なく、全所員が意見できて、代表にも声が届く、フラットで働きやすい環境だと思います。
弁護士を“先生”と呼ばずに、さん付けで呼ぶことも、身近に感じて業務上相談もしやすいです。

オーセンスの好きなところは何ですか?
やっぱり“人”ですね。
フォローし合える関係が築けているので、ワークライフバランスが取りやすく、長く働きやすい環境なのではないかと思います。有給休暇の取得もしやすいです。

03:パラリーガルの仕事

入所してから、何かスキル面で成長を感じますか?
マルチタスクで案件処理を行うことが多いので、処理能力と同時に先を見て行動する力は成長していると思います。
あとは色々な部署の方と調整を行うため、コミュニケーション能力も鍛えられていると思いますね。

円滑なコミュニケーションを取るためのコツって、何かあるのでしょうか?
そうですね、やはりメンバーに動いてもらうことが自分の役割でもあるので、「伝え方」に気を配っています。例えば、感情的に頼んだ方が心動く人もいれば、論理的に状況を説明して頼んだ方が響く人もいます。皆に同じ頼み方はせず、人によってどういう伝え方が効果的であるかを常に考えています。

04:働く仲間

一緒に働く仲間についてどう感じていますか?
チーム制で動いていることもあり、一体感を持って働いているように感じます。人に助けられて私も成長してきたので、同じことをまた後輩にして、助け合いから良い成長サイクルが生まれている気がします。

オーセンスで働いていて、どういう人がフィットすると思いますか?
パラリーガルの仕事面でいうと、何事も綺麗に、丁寧に、素早く作業できる人は向いていると思いますね。コピーひとつにしても、大事な証拠として提出するものなので、形が揃っていないものをいかに綺麗に揃えてコピーをとるかは、案外重要な作業なんです。そういったコピーをとる、タイピングするなどの基本的な事務スキルに加えて、期日管理も大切なので、自分で計画を立てながら仕事を進めていける方、スケジュール管理が得意な方は向いていると思います。
あとは、事務として働くうえで必要なさそうに思われがちなコミュニケーション能力もとても重要ですね。弁護士とコミュニケーションを取りながら、連携して案件を進めていかなければならないので、気になったことがあればすぐに人に訊いたり相談できる人が向いています。

05:成長ストーリー

今後の成長ストーリーを教えてください
前職の事務では、お客様と直接関わることは少なかったですが、このパラリーガルの仕事は、クライアント先と直接やり取りすることが多く、最終的にお客様が喜ばれる結果に繋げられたときはこちらも大変嬉しい気持ちになります。
色々なお客様との出会いがあり、繊細で丁寧な対応が求められるからこそ身が引き締まりますし、事務でいながらこんな刺激的でやりがいのある仕事は他にないと感じています。壮大な夢や目標はありませんが、これからもお客様の笑顔と共に自分の成長を感じていけたらいいなと思っています。

Back to the list